春風しずか 芸名披露感謝の会

2012年2月11日

新丸子教会にて


記念写真です
クリックすると大きくなります

ご 挨 拶

芸というものはなんでも同じですが、本当に一生懸命になって打ち込んでやらなければ身につくものではありません。
特に人形が生きているように自由に会話する腹話術は、反射神経を徹底的に訓練した特殊な技術です。
呼吸法、発声法、人形操作法などすべて間(マ)が中心になる芸で、これをマスターするには長い訓練の時間が必要です。

この度、ロゴス腹話術研究会々員 長谷川静子は第二回ロゴスX大会(市川サンシティ)に於いて技術認定を受け、初段に合格しました。
よって今後はアマチュア腹話術師として、芸名 春風しずか となりました。これは皆々様の暖かいお励ましとご厚情によるものと心よりお礼申し上げます。

楽しい笑いのボランティアとして、ますます精進いたさせたく、この上ともよろしくご指導、お引き立てのほどお願い申し上げます。

  主にあって祈りつつ

ロゴス腹話術研究会 主宰
 
春風 イチロー 

      お祝いの言葉

此の度、長谷川静子姉がロゴス腹話術認定試験に合格され、芸名「春風しずか」を賜りました。心よりお祝い申し上げます。

長谷川静子姉は若き日、病気がちな生活の中で看護師の道を目指されたと伺っております。

その後、病気の子どもたちに接する中で、ロゴスとの出会いがありました。子どもたちの笑顔が少しでもみたいという一念からロゴスを志すことになり、新丸子教会の野田市朗牧師、春風イチロー師匠の教会に出席するようになり洗礼へと導かれました。

途中ロゴスの活動の中断という時期もありましたが、再び学びの道を与えられ今日の姿があります。

人形を通して、これまでの教会のご奉仕を心より感謝しております。

今後も神様の御守りの中でキリストの福音を伝えていく器としての歩みでありますよう、心よりお祈りいたしております

新丸子教会 牧師  博

皆様の祝福でこのような集いが開催できたことを感謝申し上げます。

この感謝の会を催すに際し、新丸子教会の高橋牧師ならびに教会員の方々、
そしてロゴス腹話術研究会の春風みやこ先生はじめ浦和支部の皆様に絶大な
ご協力をいただきました。 

春風若イチロー先生には素敵な寄席文字の「めくり」や入り口の看板を書いていただきました。
春風マルタ先生ならびに春風ルツ子先生にも会の進行で大変お世話になりました。

ここに厚くお礼申し上げます。

この良き日を写真にまとめてみましたのでご覧ください。
クリックすると大きくなります。

当日頂いた祝電もご披露いたします。・・・こちら

また皆様とお会いできる時を楽しみにしております。

春風しずか

 





(C) 2012 Cham house. All rights reserved