谷川岳周辺の旅

'04 Aug. 17−20


本当に久しぶりの谷川岳周辺の散策でした。  約25年ぶりでしょうか?
毎回のことですが、管理人の思い出ばかりを追いかけて、今回は一の倉沢出合からの
風景写真を撮りたくて3日間も通ってしまった!! 
あたりまえかもしれないけど、衝立岩・中央稜・南稜・コップ状岩壁・烏帽子岩・・・
みんな昔のままだ。  ここは穂高第四峰岩壁と負けない思い出の場所なのだ。

快晴の一の倉沢(8月19日)
 
最高の景観でしょ!! 

8月17日 曇り

家をAM11時頃出発して、一の倉にPM3時頃到着。
久しぶりの一の倉はガスがかかっていた。
平日のせいか観光客も少なく、のんびりムードで岩壁を見上げていた。
谷からの水はうまい!! 地元の方がごみ拾い、トイレ清掃をしていた。
こういう人たちに一の倉は守られているのだ。
本当は訪れる我々がしなければいけないことなのに。
もちろんごみは持ち帰りが原則で、ごみ箱はない。

夜になっても晴れ間は訪れず、夜半になって大雨。 車中泊。

谷川岳の水はうまい!!

一の倉出合いの看板

出合いから100mくらい入った所

環境整備中の地元の方々
8月18日 曇りのり晴れ   宿泊は「谷川岳ラズベリーYH」

雨は上がったが、谷間のガスは上がらない。それでもすがすがしい朝なので、幽の沢まで散歩に出かけた。

幽の沢までの道は「旧清水越国道」で石垣がずーっと続いているのだ。 ここは観光客も訪れることがあまりないので自然のままだ。

一の倉に9時頃戻ってみれば、天候回復中。ロープウェーで天神平経由谷川岳へ向かう。 途中の花々や葉っぱにカメラを向けました。 ここにはもう秋の兆しがありました。 下山してから懲りもせず、また一の倉に行ってみた。 稜線まで見えるのだが逆光で青空が出ない。 
粘ったが、あきらめて宿泊先のラズベリーYHへ向かう。

久しぶりに土合の駅に寄ってみた。 地下ホームに行ってみたかったけど、「下りに10分かかります」と表示してあったので止めた。 美しき青春時代はこの階段を地下から駆け上がり、真っ先に登山センターに入山届を提出したものだが、こんなことはとてもできないね・・・とドキドキしながら思い出す管理人であった。
・・・ふと気が付けば、「中年遭難多発・過信禁物」という看板がありました。

一の倉沢の出合い
冬はなだれの巣窟になるが夏は快適

「旧清水越国道」で石垣

早朝の幽の沢出合い
                

        天狗のザンゲ岩 頂上まで後30分。                 天狗のザンゲ岩にて
                                                  バックは幕岩
秋の兆しが・・
オートハープを一の倉で弾いてしまった。なぜかちょっと恥ずかしかった。


中高年諸氏、 過信するべからず!!
8月19日 快晴  
宿泊は「谷川岳ラズベリーYH」

早朝から快晴。 あまりの天候回復に我慢が出来ず当初の予定を変更し、早朝の一の倉沢を撮影に行くことにした。
昨日の谷川岳登頂ルートで出会った家族とも再会した。
考えることは同じらしい。
まちが沢もついでに撮影してみた。 ここにはススキがあった。 秋の気配はここにもあった。
下山後、月夜野ビードロハウスで My Cup をサンドブラストで作ってみた。お気に入りだ。そして水紀行館や諏訪峡の散策で本日は終わり・・・

三日目で会えた、快晴の「一の倉」


まちが沢


お母さんのイルカマグカップ

小生の楽器マグカップ

出来栄えやいかに??
8月20日 快晴  
帰宅の日になってしまいました。
天狗のお寺見学、迷子になったり、切り絵百景館での切り絵体験・・・・・

とてもよい夏休みでした。


日本切り絵百景館

日本切り絵百景館 
後藤館長と記念撮影です

SHIZUKOさん
初心者コース実習修了書と作品

管理人
初心者コース実習修了書と作品
御世話になった
「谷川岳ラズベリーYH」

毎晩行われる温泉めぐりはたのしいに尽きる。 オーナーの力の入れ方がここにありました。 もちろん料理も接待も心づくしでいっぱいです。 
前の川では鱒も釣れたし、これまた良かった!!
皆さんありがとう!!

夕食のひととき

提灯持ってのお見送りをしてくれました。

Content  Back   Outdoor Index

(C) 2003 Cham house. All rights reserved.