Content  Back   Outdoor Index

五十嵐家の双子に「虹鱒を釣らせる会」開催!!

10月12日 曇り
今日は盟友・五十嵐家の腕白坊主たちのために「虹鱒を釣らせる会」を開催した。
開催とはオーバーであるが、子供たちはおおはしゃぎの楽しい一日だった。
残念ながら、埼玉の盟友・姫野家は下記の事情で欠席だった。

参加した人々
  
五十嵐雅之・弥生 

ユウユとリョウリョウ
我が家はいまだにドッチがドッチの名前だか区別がつかない。
 
遠藤君 管理人
本日の欠席者


姫野義治
この男、年甲斐もなく運動会で綱引きに全力を使い果たしてしまった結果、筋肉ばなれだかぎっくり腰だかはっきり言わないが、家の中を這いずり回っていると言うことで本日は欠席となった。

その割りに、釣りの帰りに電話したら結婚記念日だから「外でお食事中でLove・Love」とか言っていた!!
それではご紹介しましょう!! 本日の活動!!

行きの車の中は絶好調!!

父ちゃんのつるところ見てろ!! 
・・・見ていない

おかーちゃん、このあと2匹GET!!

遠藤君も釣れた!!

お昼のバーベキュー準備
釣った鱒に塩を塗りたくっている。

釣りあげたぞ!! 
指が口に入っちゃった

二人揃ってまた釣り上げた

お昼のしたくは順調です。
五十嵐パパ、大奮闘。

いい塩加減の塩焼きでした。

とうもろこしあり、牛肉あり、野菜あり、お餅あり。質素ながらも豪華な(矛盾してるか?)適量の昼食でした。 さすがOutdoorのベテラン。

きれいに食べた。

シェフ・五十嵐

満腹の双子たち

五十嵐ママ、また釣り上げた。
魚は力ずくで握られている。

この魚も力ずくで押さえつけられた。

双子の正しい魚の「握り方」

自分で飲み込んだ針をはずしているところ。 でもこの魚は地面に「海老固め」のように押さえつけられ観念したあとの姿。

「針はずしたぞー」
かくして、双子と虹鱒との壮絶な戦いは終わった。
釣果は何匹だったのだろう。 11匹塩焼き、持ち帰りに20匹くらいはいたから、楽しさ満喫でとてもよい一日でした。 渓流竿を持参した管理人より貸竹竿の双子のほうが釣果が上がっていたのにはショックを隠せない。 おまけに、渓流竿をしまう時に一番いい竿の先を折ってしまうというおまけ付き。

これには参ったね!!


Content  Back   Outdoor Index