20年目の再会・優しい人たちとの出会い
西表島の旅
 

9月4日の記録(帰る日になってしまいました)

(C) 2003 Cham house. All rights reserved. 

Content

Iriomote1983
Album to

Back



仲間川のボートツアー桟橋
おばさんの後ろがちょうど
おばさんの家の位置。

大原桟橋を背に

ボートツアー
マングローブ林の中を進む。

世界一の「すおうの木」を観に
桟橋から降りたところ。
20年前は歩道の整備はなかった。

世界一と言われる「すおうの木」の
前で記念撮影。
20年前には柵がなく、大きな根っこに
当時3歳の智之君が登っていた。

ボートツアーの帰路

南風見田の浜

南風見田の浜

南風見田の浜


「忘れな石」:南風見田の浜

第二次世界大戦で隣の波照間島の島民
が日本軍の命令で西表島に強制移住
させられました。当時の西表島はマラ
リヤが猛威を振るっていた時期でそれ
は死を意味するものだったそうです。



マラリヤによる高熱で次々多くの人が
倒れ、死亡していきました。当時団長
であり校長であった識名先生が
波照間島が見渡せるこの海岸の岩肌に
「忘勿石ハテルマ」の文字を刻み、
波照間の
人達を勇気づけたのです。


「忘勿石ハテルマ」の文字

20年枚に御世話になった「もともり工房」のご主人・本盛さん。
なんと、私に名前まで覚えていてくれました。
夢にみていたインレイ用の貴重な夜光貝の未加工品までいただきました。
感謝です。 バンジョーが完成したら写真送るからねー

お互いに年取ったねぇと・・・

竹盛旅館(http://www12.big.or.jp/~takemori/)のご主人と奥様。
 西表で最初の旅館。

大原の桟橋で私、おばさん、さとこさん、
静子さん。 しばしの別れ。 
みんな元気でね。

(C) 2003 Cham house. All rights reserved.