UGANDA Tour 2011

ウガンダの旅 (3)

11月29日

多くの動物や鳥たちの声で寝不足気味の朝です。
チェックアウトの前にMabiraの森をガイドのおじさんに引率されてハイキング
しました。出発前におじさんからズボンの裾は靴下で覆うように言われました。
これはサファリアントという蟻に食われないための防御だそうです。
サファリアントに食いつかれるととても痛いのだそうです。MAMIは食われて
森に響くような大声で「痛い痛い!!」と騒いでいました。

ガイドのおじさんは分厚い図鑑をリュックサックから持ち出しては動物や鳥に
ついて説明してくれました。 森の中では「レッドテイルモンキー」を見つけ写真に
撮ることができました。 それにしてもサファリアントは手ごわいなぁ。

さて、チェックアウトの後は約2Kmほど山道を戻り幹線道路に出ました。
そこで昼食の調達。 道路沿いのお店でチャパティに卵焼きを載せて丸めたローレックス
という地元料理と焼トウモロコシを買い込みました。 これを持参してMabira森林保護区に
赴任しているやっしーさんの職場を訪問しました。 ひとしきり話は盛り上がり、昼食を食べた
後に記念撮影をして一路首都カンパラへ移動しました。


猿がいるから
部屋を開けるなと

Lodgeの受付
森の中に突然と



宿泊したコテージ

ガイドのおじさんと
森を散策

分厚い図鑑を見せてくれる

レッドテイルモンキー発見

おじさんと記念撮影

受付のお姉さん
記念のサインをしているところ
漢字は大うけ!!

名物ローレックスを買いに行く

作る手際がいい

焼トウモロコシ
購入

やっしーさんと一緒に記念撮影

カンパラに入ってから国立博物館に行くということになっていたのでとても楽しみに
していたのですが、行ってみてガッカリ・・
館内は暗いし展示物は汚いしお粗末だし・・
UGANDAしっかりしてよ!!  
・・・という感じだったので庭に展示されていた民族家屋の前だけで記念写真を。

この日の夜はMAMIの友人家族旅行御一行様とこの夜だけ会うことができて一緒に
イタリアン料理を堪能しました。 御一行様は12日間の旅程最後の日ということで
かなりお疲れのようでした。 すでに疲れてホテルに戻っている人も何人かいたようです。


民族博物館にて
ガッカリ博物館
←ガッカリ博物館

イタリアンレストラン


 


今日のホテルはMetoropole Hotelです。
このホテルでちょっと騒動が・・・
予約が入っていないとか、エキストラベッドが用意できていないとか、訳のわからない
ことを言い出したので、クレームを出しました。少し受付のおねぇちゃんを攻撃!!

明日はカンパラ市内見物と買い物です。


 NEXT     BACK    HOME



(C) 2011 Cham house. All rights reserved