My Banjo

Go To Blueglass Next  Back  Contents


Build up The Banjo

貯金が治療費であっという間になくなって、・・・結局作っちゃいました。


・・・そう言う お話と製作記録・エピソードです。
興味ある方はご覧あそばせ。 オッホッホッ・・・・・・・

【バンジョー製作事始め】

【喘息になってしまったのだ】

思い起こせば、1998年の9月6日に渓流釣りに行き、風邪をひいたのがそもそもの始まり。
気管支炎を起こし、咳が止まらない毎日が・・・。 
お医者さんにかかるも、良くなれば
目を盗みタバコを吸っていた。 また咳が・・・

そんな具合が10月まで続き、良くなった隙をねらって10月19日に青春の地、
上高地を散策に行った。
徳沢園から新村橋を越え、前穂高・第四峰を25年ぶりに見ることが出来た。
岩壁を登攀した思い出がよみがえった。 本当に懐かしく、すばらしい一日だった。 
そして8時間の散策も大正池で終息し、ホテルへ戻りおいしい豪華夕食を食べたのでありました。

徳沢の新村橋からの前穂高岳。 
左のワイヤーのところが我が青春の足跡・・・
前穂高・第四峰なのです。

 
翌日、乗鞍岳にドライブ。 東大の気象観測所までハイキングし始めたら「コン、コン」と咳が
出始めるじゃありませんか。 あれよあれよと言う間に機関銃のような咳き込みが・・・
もう止まりません。 即ホテルに引き返し、翌朝は予定変更で帰宅の途に。 
夕刻、我家のホームドクターに受診し点滴で咳を抑えました。 

それをきっかけに咳との格闘が11月半ばまで続き、結局たちの悪い喘息になっちゃったので
した。 それから12月いっぱいは会社は病欠、検査続きで金欠に。 
そう、そう、海外出張で貯め込んだバンジョ-資金40万円はあっという間に
10万円になってしまったのでした。 

かくして、Gibson Banjoの購入は夢と消えたのです。
そして、会社は約一ヶ月の病欠。寝込んでいたので体力は衰え、喘息の発作に
臆し僕の野外活動は休止し、生活に張りがなくなってしまいました。 
生活パターンが180度変わってしまったのだ。

【バンジョーを作ってしまおう】
目標を失いかけたときに残金10万円でバンジョーをGETする方法はと?・・・
そこで以前から考えていた自作を思いつき、インターネットで情報を集め始めました。
いろいろな方と知り合うことができ、部品の入手先、作り方も研究することができました。集めた
情報をファイルして約半年間の計画をした後、翌年・99年5月から9月にかけて念願の自作No1
(フラットトップ)を完成することができました。試行錯誤の連続でしたが、作る楽しさに誰も持って
いないという優越感、そしてそれで演奏する楽しさががひしひしと伝わってきたきたのです。

【バンジョー作りたい症候群】
どうやって資金を調達したかはさておいて、翌2000年には体調も安定したこともあり自作No2
(アーチトップ)を完成させました。 このときは6月に肺塞栓症という病気になり、主治医の先生の
お蔭で一命をとりとめるという事件が発生し一ヶ月の入院を余儀なくされました。
退院後はワーファリンという血栓を溶かす薬を1年半服用するというおまけがついてしまいました。 
血栓を溶かす薬ですから、逆にいえば血が止まりにくいのです。 
外出はもちろんのこと、打撲や切り傷はご法度。 

でも、このときNo2のバンジョーは塗装仕上げにかかっていたので何とか
完成させることができたのです。

さて、二つの大病に追い討ちをかけるように、「バンジョー作りたい症候群」という
重度の病に冒されはじめた私は・・・・・・・2003年8月から3本目の
バンジョーを作り始めてしまいました。

当分治りそうにないですねぇ。
慢性病ですな!! これは・・・

My Banjo

製作:1999年5月−9月
Type: Eagle−1
Flat top head
5 Star tone ring
製作:2000年4月−8月
Type: Eagle−2
Arch top head
5 Star tone ring

製作過程にJamp!!
製作期間
2003年8月−2004年4月
Type: Cham Special
Frat top head
Huber tone ring



写りが悪いけど
愛犬・Chamの笑顔を
リゾネータにしてみました。


製作の進捗状況

ジャンプ
僕のインレイ集 工事中 工事中
Go To Blueglass
Next  Back  Contents

(C) 2003 Cham house. All rights reserved.