Content   Back

 
 第三回美野里ダルシマー/オートハープ フェスティバル
29−30 May 2004 (報告は29日分だけです)


今年で三回目目を迎えた美野里ダルシマー/オートハープ フェスティバル

茨城県・美野里にある上野牧場で開催された。
恒例になりつつ、そして一年に一回会える友との再会が楽しみなフェスティバルではある。

昨年に引き続き茨城放送の生中継があった。 今年はフェスティバルのオープニングが中継
されたのだ。


中継車です。

主催者の上野夫妻と放送局の美人キャスター

さて、今年は天気もよく(昨年は台風)、張り切って川崎から「師匠がいないよ、その残党」が早朝出発
して到着したのだが・・・
上野さんと茨城のS木さんと若干のスタッフがいるだけ。 今年も到着が早すぎた!! 3年連続だ。


箒を持ったS木さんと上野婦人

笑顔が絶えない上野さん

少ない人数での設営

「師匠がいないよ、その残党」の居留地確保
まだ誰もいない!!

ぼちぼちとやってくる参加者、受付も開始だ。
楽器の音もあちこちから聞こえてきます。


千葉のK瀬親子のチェックイン。

青木さんとマウンテンダルシマー


オートハープラバーズと上野さん

  そろそろ生放送のリハーサル、皆さん緊張気味。
You Are My Sunshine でのオープニング。 
事件はここで起こったのだ!!キックオフはなぜかバンジョウ持ってた小生にご指名が。
リハーサルやるもキックオフにミストーン多発!! 〜・・・
生放送の怖い一面を思い知ったのであります。 斉藤さんと遠藤君に万一の時ために一緒に
ギターも音を出してもらうフォローで乗り切り。 結果、何とかなりましたが、なんとも情けない。
写真見るとみんな緊張しているのがわかります。
斉藤さんの奥様・・・、上野さんの奥様・・余裕(さすがプロ!!)


淑徳大学の先生へインタビュー

斉藤婦人、後ろにはカメさん
余裕ですねぇ。

静岡のYさん
楽しそうだ

Yさんにインタビュー

画面じゃわからないが、バンジョー持ってるおっさんは
ひたすら弦と指をを見つめているのだ!!

生放送も終わり、いざ本番・・・・・んっ・・・最初のグループ? いっいない!!
上野さん:そんなわけで〜「師匠がいないよ、その残党」でやってください。
「師匠がいないよ、その残党」:ひぇー!!
・・・というわけで、またまたキックオフの恐怖にさらされたのでした。
以下、 当日のご報告


「師匠がいないよ、その残党」

腱鞘炎の「イケ面」おやじ。

「イケ面おやじ」と「ひげオヤジ」

カメさん、Yさん、仙台から来てくれたHNDさん

E君、妙な姿勢だにー

無理やりお願いした記念撮影
チャムハープも一緒です。

茨城の斉藤ご夫妻

さて、ここで問題です。帽子かぶっている人々に共通点がありました。
答えは来年のフェスで・・・。

カメさんとDOC AOKI
カメさんがいつの間にか舞台にいるじゃないの。

またまたカメさん。
ベースのために生まれてきたような・・・
自作のベースです。
 
OLD TIMEもでました。 たのしそーです
 
静岡のAuto Harp Lovers with Mr.Ueno & Iwao  まさにSUNSET Stageでした。
            
  
今夜の”とり”は DULCICAFEさんでした。 いつ聞いても素晴らしい。
それでは お楽しみのAfter Stageです。

I谷さん、M田さん、
まことにお世話になりました。 

豪華な粗食? ごみは持ち帰りです。

S木さんが秘伝を伝授されている

そこに上野さん登場

ミッドナイト・ジャムセッション
これがたまらなく面白いのだ。

こちらは静岡のAH・LOVERSのデモ

Cham Harpを弾くN嶋先生

こんな夜更けを後に「師匠がいないよ、その残党」は帰路についたのでした。  
皆さん、お世話になりました。 またお会いしましょう。

Content   Back

(C) 2003 Cham house. All rights reserved.