Fumiko Hasegawa Art Gallery


長谷川フミ子 ギャラリー

Waterpaint & Pastel Art
(C) 2003 Cham house. All rights reserved. 


長谷川フミ子が歩んだ水彩画・パステル芸術の一端を紹介するコーナーです。
母が残した数ある作品の中から選んで見ました。
作品の製作年代・作品名が不明なものもありますが、母の歩んだ足跡をのぞいていただければ幸いです。

お願い:このコーナーに掲載されている作品の著作権は長谷川フミ子に帰属いたします。
無断転用厳禁といたします。



    


母が亡くなって、これらの遺作を整理してわかったことは、
海外旅行で購入してくるお土産は絵のモデルなのでした。


横浜市金沢区・「いきいきセンター金沢」に寄贈
今、いきいきセンターの階段踊り場に飾られている。 この金沢文庫は、私たちが子どもの頃、毎年文庫の海ですごしていた思い出の地。 この土地に母の絵が飾られるという偶然に因縁を感じざるを得ない。 そして、母は金沢文庫の隣にある称名寺が好きで何度も絵を描きにかよっていたものだ。

2002年 第68回旺玄会展
「トランプのある静物」

89年 第55回旺玄会展
「ピエロたち」

94年 第60回旺玄会展
「春の花」

昭和40年頃の作品    川崎市・黒沼電気に寄贈

川崎市・末長の風景
昭和43年頃

川崎市・影向寺
「黒い帽子」 2001年 
川崎美術協会
松屋賞受賞作品

長谷川フミ子 ギャラリー

昭和38年前後の作品。ウクレレは長谷川家の最初の弦楽器。博之のために買ってきたと思いきや、絵の材料になっていたとは知らなかった。


    


(C) 2003 Cham house. All rights reserved.